中国グッズ販売ベンチャー企業「TAKILUCKY好運便利店」とサプライヤー契約を締結

ジニヤズ運営チーム

中国全土カバーする販売ネットワークへIPグッズ商品提供を目指す

弊社(株式会社ジニヤズ)は、中国グッズ販売のベンチャー企業「TAKILUCKY好運便利店」(上海夢岳網絡科技有限公司)と2022年2月25日に、正式にサプライヤー契約を締結致しました。

「TAKILUCKY好運便利店」は2018年に創業した会社で、中国上海を中心に「実売店舗による販売+自動販売機での販売+アプリ通販」という三つの販売チャネルでグッズ販売事業を展開し、上海ではトップエリアの商業デパートに自社実店舗をこれまで9店舗をオープンするなど、中国国内におけるブラインドボックスブームに乗って急成長を遂げました。

TAKI LUCKY親会社の「上海極鏈科技発展集団」は2014年10月に上海に創立されたテクノロジー企業で、「高度テクノロジーと消費生活の融合」を企業の経営戦略方向としており、中国大手企業や投資ファンドのアリババグループ、雲峰基金、国投基金、K11香港新世界グループなどがメインの株主です。2021年末までは10億人民元(185億円)超の融資を獲得しました。

今後弊社は、主にIPグッズ商品を提供できるビジネスパートナー様と積極的に事業提携しながら、自社オリジナル商品企画にも力を入れ、より優れた商品を中国全土で巨大な販売網を有するTAKI LUCKY社へ提供していきたいと考えております。

ご愛顧のほど、何卒宜しくお願い致します。